携帯持つ

元手は少額でも

バイナリーオプションの魅力の1つは、元手が非常に少なくて済むという点です。取り扱い会社にもよりますが、最低投資額は50円からというところも存在し、本当にお試し感覚から始めることも可能です。まずは少額でも始められるところを探して少しずつ慣れていくのも手です。

ペイアウト倍率は、だいたい1.7~1.8倍程度がメジャーなラインです。ここで何十倍にもなる倍率を挙げられると、逆に大丈夫なのかと不安にもなってしまいます。実際にバイナリーオプションのタイプによってはそれくらいの倍率が設定されているものもありますが、それはその分難易度が高いためと考えてよいでしょう。

いきなりハイリスクハイリターンの投資を行ってしまうと、そこで失敗すると二度と手をつけたくなくなってしまいそうですが、それはもったいない話なのです。投資は方法さえ押さえれば有効に元手を増やしていけます。その元手を非常に少額にできるバイナリーオプションは、少しずつ投資に慣れていくためにも有効です。

メモを書く

通貨は選べる

通常の外貨取引では、元手の金額に対する通貨レートに左右されるものであるため、円と外貨との取引になりますが、バイナリーオプションはある外貨同士のレート変動の結果に賭けるという形になるため、その通貨レートを観察するのは、必ずしも円である必要はありません。

バイナリーオプションを販売している会社のサイトでは、いくつかの通貨の組み合わせを選ぶことができます。ドルとユーロ、ユーロとポンドといった組み合わせでその双方の変動に日本円で賭けることができるのもやりやすさの1つです。

通貨レートの変動パターンの選択肢が多くあれば、その中から比較的わかりやすいレートを選んで購入すればよく、失敗のリスクも少なくなります。

受話器取る左手

目押し

どちらかといえばタイミングを見計らって勝負する方法を利用して購入するのが、外貨取引初心者には有効と言われます。値動きの法則をよく理解していない状態でも、レートの変動グラフが動くタイミングを見計らって購入すれば勝率を上げやすいと言われている方法です。

バイナリーオプションはインターネットで購入できる商品ですが、この購入のクリックのタイミングを見はからって目押しするというものです。そのためには、通貨レートのグラフをよく見てタイミングを決める必要があります。通貨レートは細かな上下を繰り返しながら進んでいきます。その動きが下がったポイントを定めて購入するのです。

グラフを見て、ここ数十分の動きである程度の幅の中で上下している通貨に狙いを定めます。一定の幅内で動いているものであれば、あと10分後にも似たような動きをしている可能性が高いためです。グラフを観察していて、だんだん下がってきたと思ったとき、下げの頂点の時点で購入すれば、そこからは上がるだけであろうという予測のもとに行われます。

一定幅から出ずに上下している通貨であった場合は、その下げ幅のギリギリのところに到達するまで待って購入します。このとき、下がってから一瞬でも横這い状態を保つ動きをしているものがおすすめです。下がった後に横這いになった瞬間に購入すれば、そこからは上がってくる確率が非常に高いため、そこでハイを購入すれば勝てる割合が高くなるというわけです。